株式会社FMCC(Fatigue and Mental Health Check Center)

最新情報

・2022年5月18日

いつも「ヒロミル-脳疲労ストレススキャン」をご利用いただき誠にありがとうございます。
Android版アプリの動作確認において2022年4月26日に更新しましたバージョン(2.2.0)を使用した場合、スマートフォンの機種によっては脈波データがスムーズに取得できていない等の問題が発生している場合があることがわかりました。修正したバージョン(2.2.2)をリリースいたしましたので、アプリを更新していただきますようお願い致します。

・2022年4月16日

スマホアプリ「ヒロミル-脳疲労ストレススキャン」に新機能「総合健康度評価」を追加いたしました。
自律神経機能評価と自覚的な体調の評価結果から総合的に総合健康度を算出することで、健康状態をより把握しやすくなっております。ぜひご活用ください。
→アプリ詳細はこちら(スマホで自律神経を評価)

・2022年2月22日

スマホアプリ「スマホ脳疲労・ストレス スキャン」の正式名称を「ヒロミル」に設定し、アイコンとともに商標登録をいたしました。皆様の健康に貢献できるようアップデートも重ねてまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
→アプリ詳細はこちら(スマホで自律神経を評価)

・2021年10月21日

株式会社FMCCは、株式会社日立製作所、国立研究開発法人理化学研究所と連携して、自律神経機能評価を用いてトラックドライバーの事故リスクを予測し、事故防止に活用する臨床研究を株式会社日立物流の協力のもと進めていますが、その研究成果が国際医学雑誌に受理されました。詳細は下記URLよりご確認いただくことが可能です。

S. Minusa, K. Mizuno, D. Ojiro, T. Tanaka, H. Kuriyama, E. Yamano, H.Kuratsune,Y. Watanabe. Increase in rear-end collision risk by acute stress-induced fatigue in on-road truck driving. PLOS ONE, Published: October 21, 2021.
https://doi.org/10.1371/journal.pone.0258892

K. Mizuno, D. Ojiro, T. Tanaka, S. Minusa, H. Kuriyama, E. Yamano, H. Kuratsune, Y. Watanabe. Relationship between truck driver fatigue and rear-end collision risk. PLOS ONE, Published: September 11, 2020.
https://doi.org/10.1371/journal.pone.0238738

・2021年10月1日

大阪トップランナー育成事業に【スマホを用いた自律神経機能評価「脳疲労・ストレススキャン」】が認定されました。大阪市が認定したスマホアプリ事業についての詳細は こちら をご覧ください。

大阪トップランナー育成事業認定プロジェクト プレゼンテーション動画



              ◇いつでもどこでもストレス状態をチェック
               【スマホを用いた自律神経機能評価「脳疲労・ストレススキャン」】
               (株式会社FMCC/代表取締役 倉恒 弘彦)

→スマホを用いた自律神経機能評価「脳疲労・ストレススキャン」    
→大阪トップランナー育成事業 プレスリリース

・2021年9月1日

代表取締役 倉恒弘彦の取材記事が、日経産業新聞の働き方面「仕事に効くスキル」にて掲載されました。→記事詳細はこちら(日経産業新聞 9/1 コロナ下の疲れ・ストレス軽減法(仕事に効くスキル)

・2021年5月1日

ラジオ大阪OBC「桑原あずさのas life」にゲスト出演しました。ワンポイントホスピタルのコーナーにて、5月1日から4週にわたり、疲労や健康についてお話をしています。下記プレイヤーよりお聴きいただけます。

5月1日 第1回 「ストレスと健康」


5月8日 第2回 「疲労って何?」


5月15日 第3回 「疲労の実態」


5月22日 第4回 「疲労の回復法」




・番組名「桑原あずさのas life」 ラジオ大阪 OBC FM919 AM1314
・放送予定日時 2021年5月1日 土曜日 あさ7:00~7:45
・パーソナリティ 桑原あずさ
→詳細はこちら

・2021年4月19日

60Hzで自律神経を測定するスマホアプリ「脳疲労・ストレススキャン有料バージョン」を2週間、無料で体験することができるようになりました。それに伴い、30Hzで測定するサービスは2021年4月18日をもちまして終了いたしました。ぜひこの機会を利用してあなたの自律神経を調べてみてください。
→詳細はこちら(スマホで自律神経を評価)

・2021年3月24日

代表取締役 倉恒弘彦が、日本テレビnews zeroにて新型コロナウイルス感染症後の後遺症(ブレインフォグ)について取材をうけました。下記リンクから該当部分の視聴が可能です。
→詳細はこちら(日本テレビ 3/24放送 news zero)

・2021年3月12日

疲労専門クリニックであるナカトミファティーグケアクリニック、心療内科である奈良こころとからだのクリニックとの連携を開始しました。
→詳細はこちら(心療内科との連携コーナー)

・2021年3月9日

株式会社313の提供する、精神科医監修のカウンセリングサイト「マイシェルパ」と連携を開始し、心理士連携コーナーを開設しました。自律神経機能評価結果が気になる方や、心理の専門家によるカウンセリングにご興味のある方はぜひご利用ください。
→詳細はこちら(専門家との連携コーナー ②心理士連携コーナー)

・2021年3月1日

医療法人仁泉会MIクリニックと連携し、疲労検診を開始しました。
→詳細はこちら(MIクリニック「疲労検診」)

・2021年1月15日

 スマホアプリ「脳疲労・ストレススキャン」が夕刊フジにて紹介されました。
電子版夕刊フジ【ブラックジャックを探せ】スマホを使った「自律神経の簡易検査法開発」
紙面 夕刊フジ【ブラックジャックを探せ】スマホを使った「自律神経の簡易検査法開発」

・2020年11月より、スマホ(携帯)で自律神経機能を評価するアプリをリリースしましたのでご活用ください。

・2020年11月24日

NHKスペシャルにて、代表取締役 倉恒弘彦が、新型コロナウイルス感染症後の後遺症(ブレインフォグ)について解説しました。 下記URLから視聴できますので、ご活用ください。
 https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/nhkspecial_1108/

2020年11月8日(日) 総合 午後9時~ NHKスペシャル 内容:NHKでは2020年11月初めまでに世界中で公表された新型コロナウイルスに関連する英語の論文およそ20万本をAIに学習させて分析するプロジェクトを進めてきました。その結果、明らかになってきた3つのポイントを動画と特集記事でお伝えします。

・2020年11月01日 専門家との連携コーナーにて、自律神経相談コーナーを開始しました。
・2020年7月より、FMCC健康広場を開設しました。
・2020年4月より、研究被験者の募集(謝金あり)を開始しました。

 

↑トップに戻る

プライバシーポリシー | ©2020 FMCC Inc.